複数のMac、またはソースボリュームを同じハードドライブにバックアップするには

Product: 
ccc6

複数のボリュームまたは複数のMacを1つのハードドライブにバックアップするのは、容易なことではありません。計画なしにそれぞれのソースボリュームを同じコピー先ボリュームにバックアップしてしまうと、各ソースボリュームのデータはバックアップボリュームで山積みになってしまいます。さらに、タスクはお互いがバックアップしたコンテンツをアーカイブまたは削除します。

既存のAPFSフォーマットのバックアップディスクに専用のボリュームを追加する

複数のボリュームを同じAPFSフォーマットのバックアップディスクにバックアップしている場合、そのバックアップディスクにそれぞれのソースボリュームのための専用ボリュームを作成してください。

Can I back up one computer and use the clone to restore another computer?

Product: 
ccc6

We recommend that you use Migration Assistant to migrate user accounts and data from one Mac to another. CCC can copy data from one Mac to another, but any time you're copying user accounts and home folders, it's generally a better practice to use Migration Assistant for that purpose.

Related Documentation

Upgrading your backup strategy from Time Machine to CCC

Product: 
ccc6

Time Machine offers a very basic backup with very few customization options, so setting up CCC to mimic "a Time Machine backup" is simple.

Choose "Macintosh HD" as the source

By default, Time Machine backs up your "Macintosh HD" disk. Click on CCC's Source selector and choose Macintosh HD as the source to your backup task.

CCCはBootCamp (Windows) パーティションをバックアップできますか?

Product: 
ccc6

CCCはWindowsと動作するようにデザインされていません。CCCはBoot Campパーティションからデータをバックアップできますが、Windowsのシステムファイルのコピーの作成に使用することはお勧めできません。Boot Campパーティションにあるユーザデータをバックアップすることが目的であるなら、CCCはそのニーズを満たすことができます。もし、Boot Campパーティションを新しいハードドライブに移行することが目的である場合、別の選択肢を考える必要があります。WinClone、またはBoot Campから移行する方法を提供する仮想化ソフトウェアなどはその例です。CCCはWindowsのシステムファイルまたはアプリケーションのバックアッまたは復元を処理できるようにデザインされていません。

Windowsのシステムファイルのコピーを回避

WindowsのシステムファイルがNTFSボリュームでアクセスされた時にmacOSがクラッシュするという報告を受けました。この問題に遭遇した場合は、Windowsのシステムファイルをバックアップタスクから除外してください:

自分のMacのバックアップを別のコンピュータに復元できますか?

Product: 
ccc6

macOSのシステムファイルのバックアップをMacから別のMacに復元するべきではありません。これが過去に機能していたことがありますが、Appleはこのサポートを停止したことを明言しています。任意のMacから別のMacにデータを復元することはできます — CCCのバックアップから別のMacにデータを移行するには、“移行アシスタント”を使用してください

関連ドキュメント

データをTime Capsule、NAS、またはその他のネットワークボリュームにバックアップしたい

Product: 
ccc6

Time Capsuleやその他のネットワークストレージアプリケーションは“個人用クラウド”ストレージ共有を提供することで、大変人気があります。当然、このストレージはバックアップのコピー先として魅力的に映ります。ケーブル接続なしですべてをバックアップできるという考えに心を奪われそうになるでしょう。“利便性”と“速さ”は通常相伴うものですが、ネットワークボリュームへのバックアップに関しては必ずしも当てはまるものではありません。バックアップのパフォーマンスを劇的に低下させる要因が複数ある中で、このバックアップ方法はその要因のいくつかに出くわすことがあります。

データをネットワークボリュームにバックアップするには

先に進む前に、お使いのNASボリュームをFinderにマウントしてアクセスできるようにしてください。ネットワークボリュームへのアクセス権を得るための手順は、macOSヘルプセンターから利用できます。ネットワークボリュームがCCCのソースまたはコピー先メニューに表示されない場合、アクセスしたいストレージデバイスに添付されたドキュメントを参照するか、Finderのヘルプメニューから“macOSヘルプ”を選択し、“サーバに接続する”を検索してください。

CCCを使ってフォルダをNASボリュームにバックアップするには:

新しいMacにデータを移行したいのですが…

Product: 
ccc6

設定アシスタントまたは移行アシスタントを使用して、CCCのバックアップから新しいMacにデータを移行する

Appleから新しいコンピュータを購入すると、特定のバージョンのmacOSがインストールされていて、さらにハードウェア固有の“ビルド”がインストールされています。新しいMacは、古いMacにインストールされている古いバージョンのmacOSとビルドから起動できないため、単純に古いMacのバックアップを新しいMacに復元してもうまくいきません。設定アシスタントアプリケーション(Macが一番最初に起動する時に実行されます)を使用するか、古いMacから新しいMacにコンテンツを移行できる“移行アシスタント”アプリケーションを使用することをお勧めします。古いMacのCCCのバックアップから直接移行することができます。設定アシスタントまはた移行アシスタントを使ってユーザアカウントとアプリケーションの移行が完了したら、古いMacで使用していた同じバックアップボリュームにMacをバックアップして、CCCを使用し続けることができます。

Using CCC to help replace your internal boot drive

Product: 
ccc6

CCC can be used to help with the transition to a new hard drive. We have found that formatting the new drive after installation can be more reliable than formatting in an external enclosure or using a drive adapter, these devices can cause the drive to only boot when in the enclosure or with the adapter. 

After installing the new drive, boot from your CCC backup or the old internal in an enclosure or using an adapter, then format the drive as we describe here: Preparing your backup disk in macOS.

Refining the scope of a backup task

Product: 
ccc6

Watch a video of this tutorial on YouTube

We often see backup tasks configured with the whole startup disk selected as the source, and then everything excluded from the backup except for a single folder. This kind of configuration is suboptimal for several reasons:

Backing up and restoring Finder's Trash

Product: 
ccc6

Backing up Trash content

CCC will not back up the contents of Finder's Trash by default, but CCC offers an option to back up the Finder's Trash in the Task Filter window. Click the Task Filter button at the bottom of CCC's window to reveal the task filter.