macOS Ventura Known Issues

Product: 
ccc6

Apple published macOS Ventura in November 2022. CCC 6.1.3 (and later), published in September 2022, is fully compatible with macOS Ventura. We cite known problems that Apple introduced in the new OS below.

macOS Monterey Known Issues

Product: 
ccc6

Apple published macOS Monterey in October 2021. CCC 6.0.4 (and later), published contemporaneously with Monterey, is fully compatible with macOS Monterey. We cite known problems that Apple introduced in the new OS below.

CCCのシステム要件

Product: 
ccc6

CCCはMac対応の高度なバックアップおよびファイルコピーのためのユーティリティです。

システム要件

  • macOS 10.15 Catalina
  • macOS 11 Big Sur
  • macOS 12 Monterey
  • macOS 13 Ventura
  • macOS 14 Sonoma
  • CCCは、Intel MacおよびAppleシリコンMacの両方で、ネイティブアプリケーションです (つまり、“ユニバーサル”アプリケーションです)

古いバージョンのOSを使用しているユーザの方々には古いバージョンのCCCをまだご利用いただけます。 これらの古いバージョンは現在活発に開発されることはなくなり、サポートもケースバイケースでのみ提供されます。

CCC 6の新機能

Product: 
ccc6

CCC 6はバックアップタスクにかつてない信頼性を提供します。 さらに、よりスピーディで、よりスマートな、最新のファイルコピー機能は、早いペースで技術革新されるApple OSとそのファイルシステムに適応するようデザインされています。 より洗練された、モダンなインターフェースと一つになった、この新しいバージョンのCCCを気に入っていただけると確信しています。

次世代のファイルコピー機能でバックアップがより高速になりました

ファイルコピー機能を一から再構築し直し、最新ストレージのパフォーマンス特性を大いに利用しています。 マルチスレッドのデザインで構築された、新しいファイルコピー機能は、以下に紹介する新機能の多くの基礎であり、今後、多くの新機能の道を開くでしょう。

CCCダッシュボード:新しいメニューバーアプリケーション

CCCのメニューバーアプリケーションが一新されました。 新しい“ダッシュボード”を使うと、1クリックでCCCタスクの開始、停止、モニタリングができる他、最近のタスクアクティビティの詳細を確認できます。

macOS Catalina Known Issues

Product: 
ccc6

Apple published macOS Catalina in September 2019. CCC 5.1.10 (and all versions of CCC 6), published in August 2019, is fully compatible with macOS Catalina. We cite known problems that Apple introduced in the new OS below.

macOS Big Sur Known Issues

Product: 
ccc6

Apple published macOS Big Sur in November 2020. CCC 5.1.22 (and all versions of CCC 6), published in October 2020, is fully compatible with macOS Big Sur. We cite known problems that Apple introduced in the new OS below.

CCC 6 Release Notes

Product: 
ccc6

CCC 6.1.10

February 22, 2024

Credits

Product: 
ccc6

CCC includes, in source or binary form, the following open source projects.

vsdbutil and hfs.util

CCC contains portions of source code available under the Apple Public Source License. That code may be downloaded by clicking the links below.

macOS Big Sur Known Issues

Product: 
ccc5

Some Big Sur startup volumes don't appear in the Startup Disk Preference Pane

In the past, the Startup Disk Preference Pane would list all available startup volumes, including volumes cloned by CCC (whether CCC used ASR or its own file copier). Some Big Sur cloned volumes do not appear in the Startup Disk Preference Pane, despite being perfectly bootable.

We have reported this issue to Apple (FB8889774) and we are currently awaiting a response.

APFSボリュームグループと動作するには

Product: 
ccc5

数年前、AppleがAPFSファイルシステムを紹介したとき、次の新しい概念が一緒に登場しました: APFS コンテナ です。すべてのAPFSボリュームは1つのコンテナの中にあり、そのコンテナはディスクのパーティションスキームの中にあります。コンテナ内のすべてのボリュームはコンテナで利用可能なスペースを共有します。別のAPFSコンテナはお互いのスペースを共有しません。

macOS High Sierraで、Appleはボリュームに 役割 の概念を追加しました。その時点では、役割は3つだけで、大部分は平均的ユーザが気付くものではありませんでした:Preboot、復旧、そしてVM (仮想メモリ)です。これらの役割により、システムが特定のボリュームを特定の目的に識別できるようになり、その後ボリュームを特定の方法で扱えるようになります (例えば、上記の役割を持つ任意のボリュームをデフォルトで非表示にしたり、またデフォルトでマウントしないようにできます)。

以下の記述でこれらのAPFSの概念を説明しましょう: