Printer-Friendly Version
Product: 
ccc5

Time Capsuleやその他のネットワークストレージアプリケーションは“個人用クラウド”ストレージ共有を提供することで、大変人気を得ています。当然、このストレージはバックアップのコピー先として魅力的に映ります。ケーブル接続なしですべてをバックアップできるという考えに心を奪われそうになるでしょう。事実、このストレージはメディアファイルの共有には非常に適しています。しかし、これらのデバイスに大容量のデータをバックアップするのは、実用的にも物理的な移動の観点からも障害があります。例えば、macOSのシステムファイルをNASにバックアップすることは推奨しません。この設定には、あまりにも多くの移動の問題と信頼性に関する懸念が伴います。以下に、データをネットワークボリュームにバックアップする方法を説明します。その後、この方法が持つ制限とパフォーマンスの予想をご説明します。

起動の可能性 (bootability)について: 起動可能なバックアップを必要とするのであれば、 またはシステムファイルを復元する必要がこの先1度でもあるとすれば、Macに直接接続された外部ハードドライブエンクロージャを使用して、起動可能なバックアップを作成する必要があります。

データをネットワークボリュームにバックアップするには

先に進む前に、お使いのNASボリュームをFinderにマウントしてアクセスできるようにしてください。ネットワークボリュームへのアクセス権を得るための手順は、macOSヘルプセンターから利用できます。ネットワークボリュームがCCCのソースまたはコピー先メニューに表示されない場合、アクセスしたいストレージデバイスに添付されたドキュメントを参照するか、Finderのヘルプメニューから“ヘルプセンター” (Yosemite以降は“Mac ヘルプ”) を選択し、“サーバに接続する”を検索してください。

CCCを使ってホームフォルダをNASボリュームにバックアップするには:

  1. ソースセレクタからフォルダを選択を選択します。
  2. ホームフォルダをソースとして選択してください (ショートカット: Commandキー + Shifキー + H を押してホームフォルダに移動できます)。
  3. コピー先セレクタからフォルダを選択を選択してください。
  4. NASボリュームに移動してから、新規フォルダをクリックしてこのボリュームに新規フォルダを作成してください。“CCCバックアップ”などと名前を付けてください。“OK”ボタンをクリックしてください。
  5. 高度な設定ボタンをクリックします。
  6. より良いパフォーマンスのためには、拡張属性を保持しないの横のチェックボックスをチェックしてください。
  7. クローン ボタンをクリックしてすぐにタスクを実行するか、または後でタスクを実行するようスケジュールしてください。

ネットワークボリュームにバックアップする際のパフォーマンスの予想

“利便性”と“速さ”は通常相伴うものですが、ネットワークボリュームへのバックアップに関しては必ずしも当てはまるものではありません。バックアップのパフォーマンスを劇的に低下させる要因がいくつかある中で、このバックアップ方法にはその要因が複数含まれています。ネットワークのバックアップが遅いと気づいた場合には、ネットワークのバックアップのトラブルシューティング をお考えください。

Tags: