外部起動のトラブルシューティング

Product: 
ccc6

macOS Catalinaに影響を与える起動の可能性に関する問題を喜んで ヘルプします。しかし、macOS Big Surで外部デバイスを起動可能にできるのはAppleだけです。ですから、Big Surおよびそれ以降のOSにおける外部起動に対して弊社が提供できるサポートは、以下の提案に制限されます。

工場出荷時に搭載されているOSよりも古いOSから起動できるMacはありません

Appleはこれまで、工場出荷時に搭載されているOSよりも古いOSから新しいMacを起動することをサポートしたことはありません。新しいMacにコンテンツを移行する場合は、その目的のために“移行アシスタント”を使用し古いMacのバックアップを新しいMacに復元しようとすることはやめてください

バックアップディスクのディスク使用状況がソースディスクのディスク使用状況と一致しないのはなぜですか?

Product: 
ccc6

起動ディスクのディスク使用状況は、バックアップされる必要があるデータ量を反映しません。起動ディスクの初回バックアップの後、コピー先のディスク使用状況は、ソースのディスク使用状況よりも少ないはずです。特別なファイルシステムデバイス (例:ファイルシステムスナップショット) といくつかのmacOSサービスデータは、別のボリュームにコピーできません。CCCはバックアップからの起動中問題を回避するために、そして不要なディスクの使用を避けるために、これらの項目を自動的に除外します。除外リストは以下の通りです:ファイルやフォルダの中には自動的にバックアップタスクから除外されているものもあります

ヘルプが必要な時はどうすればいいですか?

Product: 
ccc6

ヘルプが必要な時は、CCCアプリケーション内からヘルプをリクエストしていただくのが最善の方法です。営業日の1日以内にご対応できるよう努力しています。但し、対応は英語のみとなっていますのでご注意ください。

ヘルプを開く

CCCに関するご質問、または問題解決にヘルプが必要な場合、いつでもお問い合わせください。CCCのヘルプメニューから CCCについて質問する… (英語)を選択してください。

ヘルプを開く

質問や問題の内容を記入する

お名前、メールアドレス、件名を記入して、ご質問や問題の内容を具体的に記述してください。ヘルプリクエストにログが添付されていると、より迅速に対応できます。通常サポートリクエストを受け取ってから営業日1日以内にこちらからご連絡いたします。

Some third-party storage drivers may cause hardware misbehavior

Product: 
ccc6

We occasionally receive reports of strange behavior from USB devices, e.g. slow performance, disks dropping offline in the middle of the backup task. In some of those cases we've discovered that third-party storage drivers are causing the problem. In particular, the SAT-SMART drivers and some ancient BlackBerry USB drivers can lead to problems. We have also received a handful of reports indicating that the Samsung SSD storage drivers cause problems booting from their devices.

macOS Big Sur Known Issues

Product: 
ccc6

Some Big Sur startup volumes don't appear in the Startup Disk Preference Pane

In the past, the Startup Disk Preference Pane would list all available startup volumes, including CCC backup volumes. When Apple's APFS replication utility is used to copy a Big Sur System volume (something that is now required on macOS Big Sur), however, the cloned volume will not appear in the Startup Disk Preference Pane, despite being perfectly bootable.

Coping with errors caused by APFS filesystem corruption

Product: 
ccc6

We regularly see cases of APFS filesystem corruption that lead to errors during a backup task. This corruption is typically presented in an error like one of these:

readlink_stat("/Photos/Foo/2020_Dumpster_fire.jpg") failed: Illegal byte sequence (92)
rename("/Photos/Foo/.2020_Dumpster_fire_out_of_control.jpg.asdfgh" -> "/Photos/Foo/2020_Dumpster_fire_out_of_control.jpg") failed: No such file or directory (2)

When CCC encounters these errors, the affected items are listed in CCC's Task History window, often with this advice:

macOS Catalina Known Issues

Product: 
ccc6

Some SMB volumes can't support macOS sparse disk images

We have received several reports that macOS is unable to create disk images on SMB volumes hosted by various NAS devices. If you attempt to create the disk image in Disk Utility (for example), Disk Utility reports an "RPC Error". After months of investigation, we have concluded that macOS Catalina has more stringent requirements for sparse disk images than previous OSes.

Why does Finder prevent me from viewing the home folder on my backup when it's attached to another Mac?

Product: 
ccc6

Note: This problem only affects macOS Catalina

Why can't I eject the destination volume after the backup task has completed?

Product: 
ccc6

The disk Backup wasn't ejected because one or more programs may be using it.

Occasionally this annoying message comes up when you're trying to eject your destination volume. If CCC is currently using that volume as a source or destination to a running backup task, then CCC will effectively prevent the volume from being unmounted. If your backup task is not running, though, CCC isn't preventing the volume from being unmounted. But what application is?

Where can I find CCC's log file?

Product: 
ccc6

It is our aim to have the Task History window provide the user with enough information to find and troubleshoot any problems they're having with their backup tasks. For debugging and support purposes, however, CCC logs its activity in the following files: